THE21 » WEB特別企画 » 【この文房具に注目!】『TWSBI ECO』(三文堂筆業有限公司)

【この文房具に注目!】『TWSBI ECO』(三文堂筆業有限公司)

2024年05月12日 公開

文房具朝食会・出雲義和

TWSBI ECO

万年筆インクのカラーバリエーションを満喫できる万年筆

近頃の文房具店、なかでも万年筆を取り扱っているお店に行くと、化粧品と見間違うほどのお洒落でカラフルな小瓶が什器いっぱいにならんでいて、これらすべてが万年筆インクという驚きの光景に出会えます。

2007年頃から、さまざまなカラーバリエーションの万年筆インクが各社から発売されて、いま「インク沼」と呼ばれるブームが文具ユーザーに広がっています。

そんな文具の世界で、いま注目を集めているのが、台湾の三文堂筆業の筆記具ブランドTWSBI(ツイスビー)です。三文堂筆業は、ヨーロッパの老舗ブランドのOEMとして筆記具の製造に関わってきた会社で、社名は浸透していませんが、実績は折り紙付きです。

日本では2017年から正規の販売がはじまり、着実にシェアを拡大しているブランドです。

TWSBIのラインナップの中で、エントリーモデルに位置づけされる「TWSBI ECO」は、スケルトンなボディが特徴で、中に入れたインクの色や量がひと目でわかるので、「インク沼」を楽しむ新しいユーザーはもちろん、古くからの万年筆愛好家にも喜ばれています。

また「TWSBI ECO」は本体吸入式という仕組みを採用していて、補助器具(コンバーター)を追加で購入することなく、「色彩雫(いろしずく)シリーズ」などの豊富なカラーバリエーションの万年筆インクを買ったその場で楽しめるとあって、インクファンからも高い支持をあつめています。

さらに、「TWSBI ECO」とインクを同時に購入しても10,000円程度と、万年筆をこれから楽しんでみたいという初心者をはじめ、カラーインクを楽しむためにもっと万年筆が欲しいというヘビーユーザーにも手軽に使ってもらえるのが、この「TWSBI ECO」です。

《写真提供:〔株〕酒井》

 

著者紹介

出雲義和(いずも・よしかず)

文房具朝食会メンバー,フリーランスライター

雑誌や書籍、webで文具記事を執筆するほか、旅行関連の取材や編集等も行っています。最近ではワーケーションをテーマにした、旅行と文具の活用術を研究中です。

「文房具朝食会」とは、文房具好きが休日の朝に集まって、好きな文房具やその使い方をプレゼンしたり、意見交換をしたりする交流会。文房具メーカーや雑誌編集部との共催なども行なっている。

THE21 購入

 2024年6月号

THE21 2024年6月号

発売日:2024年05月07日
価格(税込):780円

関連記事

編集部のおすすめ

【この文房具に注目!】『カードサイズクリアホルダー』(毎日、文房具。)

文房具朝食会・原敬輔

【この文房具に注目!】『システム手帳用 リフィルシリーズ』(ツバメノート)

文房具朝食会・おりひか いくお

【この文房具に注目!】『スキットマン 領収書ファイル 2382』(キングジム)

文房具朝食会・原敬輔
×