THE21 » WEB特別企画 » 【この文房具に注目!】『Dressco オニオンスキンノートブック』(竹尾)

【この文房具に注目!】『Dressco オニオンスキンノートブック』(竹尾)

2023年09月12日 公開

文房具朝食会・原敬輔

オニオンスキンノートブック

オニオンスキンペーパーの質感を楽しもう

今回は、「Dressco オニオンスキンノートブック」を紹介します。

こちらのノートは、「オニオンスキンペーパー」といって、玉ねぎの皮のように薄い紙を使っているのが特徴です。触ってみるとわかりますが、薄くて軽いです。

もともとエアメールを軽量化する目的の薄紙として、欧米を中心にタイプライターなどで使用されてきました。

大きさは108mm×152mmなので、文庫本サイズ(105mm×148mm)とほぼ同じで、気軽に持ち運びができます。色は、コスモス、マゼランブルー、すみの3種類(限定品を除く)。

文房具朝食会でも、以前、こちらのノートが紹介されたことがありました。

実は2010年に廃品になったそうですが、万年筆の愛好家から評価され、製造可能な製紙会社を探されて、復活したそうです。

実際に万年筆を使って書いてみたところ、筆の滑りが大変よく、書いているときの気持ちよさを実感できます。文字通り、「筆が進む」とはこのことかと感じました。

読書の秋、食欲の秋です。いつもと違うノートを使って、秋の夜長を満喫されてみてはいかがでしょうか。

ノート好きの方だけでなく、スマホにメモばかりで、しばらくノートを取る生活をしていなかったけど、久々に何かを手書きしてみようかなと思っている人におすすめしたい商品です。

《写真提供:〔株〕竹尾》

 

著者紹介

原 敬輔(はら・けいすけ)

文房具朝食会主宰

新卒で〔株〕リクルート(現・〔株〕リクルートホールディングス)に入社したのち、レバレジーズ〔株〕や〔株〕ウフルといった複数のベンチャー企業でマーケティングを経験。現在は業務委託で企業のマーケティングやPR支援を行なっている。山梨県大月市のマーケティングアドバイザー、クラフトビール「KOBUSHI BEER」のブランドアンバサダー、花火鑑賞士など関心は多岐にわたる。

文房具に関してはペンよりもノートの方が好きで、市民団体「日本手帖の会」が行なっている手帳検定2021の認定手帳有識者、レベルゴールドを取得。

「文房具朝食会」とは、文房具好きが休日の朝に集まって、好きな文房具やその使い方をプレゼンしたり、意見交換をしたりする交流会。文房具メーカーや雑誌編集部との共催なども行なっている。

THE21 購入

2024年7月号

THE21 2024年7月号

発売日:2024年06月06日
価格(税込):780円

関連記事

編集部のおすすめ

【この文房具に注目!】『旅するロルバーン』(デルフォニックス)

文房具朝食会・おりひか いくお

【この文房具に注目!】『五楽線テープ』(アリア)

文房具朝食会・高橋舞

【この文房具に注目!】『Note block』(三洋紙業)

文房具朝食会・原敬輔
×